Subscribe via RSS Feed

インプラント治療を歯科で行うまでの流れ

インプラント治療とはどのようなものかというと歯の病気などによって歯を失ったときに噛みあわせを回復するために施す治療のことを言います。

インプラント治療を行うことのメリットとしては安定した噛みあわせを回復することができることが挙げられます。

なぜならばインプラント治療はあごの骨に人工の歯根を埋め込んで結合させた後、その歯根の上に人工の歯を装着することとなりますので、あごの骨にしっかりと固定されるからです。

これまでの方法では口の中に異物感が残ったり固いものを食べるときに気を遣うなど、どうしても問題点が残っていましたがインプラントではこのようなことが解決されます。

このようなインプラント治療を受けるためにはインプラント治療を行っている歯科に行くこととなります。

実際に治療を受けるにあたってはさまざまな検査を受けることとなります。

なぜならばあごの骨に人工の歯根を埋め込むという外科的な治療が発生するからです。

このため、インプラント治療を開始するまでの流れとして、まずは歯科医師とのカウンセリング、そして各種検査、そして実際の治療へと入っていくことになります。

このために、まずは歯科に行って相談することから始まります。